president

spacer

spacer

Home >> 社長の部屋 >> 社長アーカイブス >> 教訓論 >> 「Stay hungry」
「Stay hungry」

Stay hungry

2014年9月21日

 

 Stay hungry(空腹であれ)とSteve Jobsは言った。

 

 野生でありたいと私もふと思った。季節が変わり始めたこともあるかもしれないが、自分にハングリーさが欠けている、闘争心がない、とこの数日感じる。常に空腹でなければ目の前の獲物にも気づかないのが野生の動物だ。ビジネスもテーマを追う気概がなければ、いつか生きていく源泉の獲物を獲る力を失ってしまう。

 

 常にハングリーであると言うのは深い意味を感じる。肉体的にもハングリーであらねばならないと思う。ハングリーである事は野生の証明、若さの証明でもある。与えられたものだけ食って生きる人間、持っている環境だけでしか生きられない人間でありたくない。それはあたかも豚舎でしか生きられない豚に似ている。

 

 誰かが言った「肥った豚より痩せたソクラテスであれ」、「肥って行く豚は幸福とは限らない」と。肉体にも精神にも飢餓感が必要だ。満たされてはいけない。満たされやすい社会だ、意識的に空腹状況であらねばならない。

 Steve Jobs はStay foolish!とも言った。実は同じことなのかもしれない。己の無知を知ってこそ新しい知識や体験を吸収できる。知識人を自覚する者たちは目の前に現れる知識や情報に関心が薄れ、今までの体験と知識のテンプレートを当てて判断してしまう。無知への不安もなく知識への枯渇感もなく、新たな知識との出会いへの欲望も感動も失っている。あたかも腹を満たされた豚と同じではないか。飢餓であり無知であることこそが進化を遂げる条件だ。

 

 諸君、空腹であろう、無知を自覚しよう。

 

 肉体の肥満は見えるが精神の肥満は見えない。肉体のそれよりむしろ精神の肥満を恐れねばならない。野生でいたいものだ。肥満者には食べ物の価値が見えない。食べ物のありがたさがわからない。肥満は怖いものだ。精神の肥満には人生の豊かさ感動が見えない、勿論進歩もない。

 

 諸君、空腹であれ、無知を知れ、野生であれ!

 

言語を変更   ▼

Change language ▼

改变语言    ▼

recruit amakusa

tenboos

newcommer

akane banner

psilink

windturbine banner

preceed thailand banner

facebooklink