president

spacer

spacer

Home >> 社長の部屋 >> 社長アーカイブス >> 随想編 >> 熊本城マラソンへの道 その5
熊本城マラソンへの道 その5

熊本城マラソンへの道 その5

2013年12月24日

 

 12月の連休、個人的に東京虎の門に宿泊する機会があった。5時過ぎに起きてホテルから皇居一周ジョギングを試みた。
 事前のwebでの下調べではホテルから9㎞余りの道のりだった。初めての土地だし所要時間よりも楽しんで完走することを目指し、且つ途中ショートカットして7km強の道のりにするつもりで出発した。


 皇居へたどり着き未だ暗い中で走る人も少なく快適に皇居の内堀を眺めながら走ることが出来た。一周の8割がた終えたところでホテルへの帰路に就いたが、途中道に迷い、折しも天皇誕生日の催事前で警備の警官が多かったので何度も立ち止まって道を尋ねた。やっと帰り着くと何と距離は11キロを超えていた。


 遠回りでキツかったかといえば道を聞いて走る出す度に体が軽く、むしろ気持ちよく走れた。勿論、相変わらず時速8㎞弱の速度ではあるが、ひょっとしたらこの調子ではマラソン7時間も可能性があるのではという初めての体感を得た。全く私には無謀な未経験マラソンへの挑戦がやっと手が届くかもしれないという実感を得た皇居一周だった。

経験したこと
・皇居ジョギングは暗いうちに走り始めれば人の存在が気になるほど多くはない。
・早い人も多いが遅い人もいる。恥じ入ることはない。
・都内のジョギングは土地感覚をつかむにはもってこい。日頃、車と電車で動いている場所と距離感がつかめる。
・東京の早朝はどこの都市でもいえることだが実に清々しい。

※2014年1月14日のトップメッセージより

 

recruit amakusa

tenboos

newcommer

akane banner

psilink

windturbine banner

preceed thailand banner

facebooklink