president

spacer

spacer

Home >> 社長の部屋 >> 社長アーカイブス >> 随想編 >> 熊本城マラソンへの道.その1
熊本城マラソンへの道.その1

熊本城マラソンへの道.その1

 

 先月末に熊本城マラソン参加が抽選で確定した。来年2月16日の熊本城マラソン参加の成否は全て私の手に移った。さっそくウォーキングやジョギングを本格開始したが、トレーニング7、8回目で膝を痛めて病院へ行くことになってしまった。昨年、半月板の手術をしたこともあってドクターストップを心配したが、どうにか参加OKを得た。

 

 60歳にしてマラソン初参加、それも小学校から高校まで常に持久走では後ろから5番目以上であったことがない、加えて膝の故障持ちが敢えて挑戦するのは何故…。自分でも明白に説明できないが、難しい、不得手だからこそ挑戦するのに価値があるように感じるから、唯それだけのような気もする。例え42キロ完走(完歩?)したとして得られるものは何かと語るものもない。ただ、人生に遣り残しを遺すより失敗の体験を得るほうが未だいいと思うから。生涯最大の不得意?への挑戦、先ずは2月16日に体調を参加できるまでに整えることが出来るか大きな課題だ。体重を減らし、膝を調整し、元来の弱点である持久力もアップせねばならない。恥をかいて終わる可能性は高いかも知れないが、遣らない自分より挑戦する自分を認めたいと思う。参加し完走する確率は30%以下だろう。

今日現在まだ歩くのに痛みがある膝の状態だが、今週には復活するだろう。諸君、今後の経過報告をお楽しみに。

 

宣言:「2014年2月16日、私は体重を77キロ以下に減らして42キロを7時間以内で完走する。」

 

newcommer

akane banner

banner NP

windturbine banner

psilink

preceed thailand banner

drone banner

facebooklink