top

spacer

spacer

Home >> 個人情報について

50歳によせて

2003年3月28日


 ついに満50歳となる。若い頃より到達しないと思っていた年齢だ。つい4,5ヶ月前までも確信が無かった。一昨年来の落ち込みは昨年末になっても回復の兆しを見せず、50歳を前に破局を迎える不安が頭をよぎった。「なんとかなる!」の言葉を信じて頼って明るく行動しつづけた。やっと、2月、3月になって受注が急拡大した。決して行動の成果とは思えないが信じればなるものなのか。
 49歳。古来、織田信長、上杉謙信、松尾芭蕉、西郷隆盛などこの歳で果てた人は多い。私も若い頃から漠然とした予感があり、50を前に保険金での穴埋めの引責自殺に追い込まれるのかという妄想が一時とりついた。それゆえ今年の桜を見たのは特に感慨ひとしおである。毎年、「来年ももう一度桜を見たい。」と思いながら毎年桜を眺めるようになって早15年以上になる。さすがに危機には慣れては来たが事業は安定していくどころか常に自分の成長とともに危機のスケールも拡大してきた気がする。影響は増大し、難易度も向上した。解決能力に見合った危機が訪れるというか。しかし、疲労感が体に残るようになったのも事実だ。もう若くはない。つくづくそう思う。この一年は会社にも私の体にも大きな痛みと後遺症を残した。肉体の完全復調は歳のせいで無理ではあるが、わが身の分身である会社の後遺症の回復は短期間に行わねばならない。受注の拡大と利益の確保はなんとしても妥協できないテーマである。
 50歳で考えるようになったのは実にゴールを眺めながら力を落としてく人生である。早く遣り残しに手をつけないと、ただ景色も眺めないで走った人生で終わってしまいそうな気がする。子供たちもやっと一人で行動ができるようになり、それなりの進学も実現したが、子供の将来を楽しみにするような人生にはなりたくない。今から更に違った目標に向かって生きてみたいが残された時間は少なくなってきたし、体力知力は加速的に落ちていくだろう。しかし、やってみたい、今の事業とは違うこと。
 
身勝手に正義を行使すること。
 事業から引退するのを早くしてそれなりの金が手元に入ったら、社会で思うことを思いっきり行動に移してみたい。独り善がりでかまわないし、妨害があってもいい。自分なりの社会正義を行動に移してみたい。政治に考えをぶつけたり有能な人材を支援したりもしたい。貧しい子供たちに力を与える手助けもしたい。不正や不公平に対しての抗議行動もしたい。世の中に正義を問うてみたい。成果は元から当てにしないが、もし社会や人の心に何がしかの余韻を残してこの世をされれば本望だろう。

 

隠者の生活
まさに最後の体力の時期を人知れず世の中と接触を断って暮らしてみたい。今日の日付に何の意味も無く、晴耕雨読、天気と春夏秋冬の季節の移りを眺めながらたまに訪れる人と歓談しながら飲食する。次第にボケて自分の存在や生死に関心もなくなっていき朽ち果てる。願わくば最後の瞬間だけは正気に戻る気力と体力が維持できるならこれ以上何も求めない。

以上を書き残し、もし10年後も健在であれば六十までの十年を振り返って読んでみたい。まさに老後に入ろうとする頃かもしれない。

 

言語を変更   ▼

Change language ▼

改变语言    ▼

recruit amakusa

tenboos

newcommer

akane banner

psilink

windturbine banner

preceed thailand banner

facebooklink